「遺言書を作ろうと思うんだが、遺言には何種類かあると聞いた。どれが自分に合っていて、何に気をつければいいだろう。」

遺言には、代表的なもので、自筆証書遺言、公正証書遺言の2つがあります。

自筆証書遺言は、自分で書く遺言書で、公正証書遺言は、公証役場で公証人に作ってもらう遺言書です。

自筆証書遺言は、いつでも無料で作ることができますが、保管は自分で行わなくてはならないため、紛失や改ざんのおそれがあります。
また、形式に不備があったり、内容に問題があった場合、遺言書がない場合よりも大きなトラブルに発展することもありえます。

一方、公正証書遺言は、費用がかかりますが、原本を公証役場で保管してくれるため、紛失や改ざんのおそれがなく、公証人が遺言者の意思や内容を確認するため、無効になる危険性はほとんどありません。
また、自筆証書遺言では必ず行わなくてはならない検認の手続きが、公正証書遺言では不要です。
亡くなった後、すぐに相続の手続きに移れます。

相続手続パートナーさいたまでは、遺言書の作成のご相談や、サポートを行っております。お気軽にご相談下さい。

 「自分が死んだ後、家族の負担をできるだけ軽くするには、どうしたらいいだろうか。」
 「特定の人に、どうしてもあげたい財産がある。」
 「自分は再婚で、前の妻との間に子どもがいる。」
 「夫も子どももいない“おひとりさま”である。」

こんな方は、特に遺言書を作成されることをお勧めいたします。


相続相談はお気軽にお問い合わせください