「父が亡くなりましたが、母は認知症で施設に入っています。息子である私の顔もよく分からない状態で、話し合いはできそうにありません。私が代わりに手続きすることはできますか?」

認知症や知的障害、精神障害などで、お一人で重要な判断ができない状態にある方は、遺産の分け方を決める話し合い(遺産分割協議)にそのまま参加することはできません。

その方の代わりに話し合いをする代理人が必要になります。
この代理人を成年後見人と言い、裁判所に申立を行うことで裁判所が決定します。
すでに認知症になられた方の成年後見人に勝手になることはできません。

成年後見人選任申立は、必要となる書類も多く、手続きには手間と時間がかかります。

相続手続パートナーさいたまでは、申立の必要書類の収集代行・提出代行のほか、成年後見の経験を元に、申立からその後の後見人の事務まで、総合的なアドバイスを行っております。


相続相談はお気軽にお問い合わせください