「自分が死んだ後も、今の自宅は妻と息子が引き続き住む予定。今のうちに妻や息子にあげておいた方がいいのか、それとも死んだ後に手続きすればいいのか・・・」

生前に不動産を贈与しておくことは、相続での節税対策になりえます。

また、贈与税の配偶者控除の特例や、相続時精算課税制度の利用により、贈与税ゼロで贈与できる可能性もあります。
ただし生前贈与では、贈与税のほか、不動産取得税や名義変更にかかる登録免許税などがかかりますので、それらの費用負担も考慮して、慎重に検討する必要があります。

相続手続パートナーさいたまでは、不動産の生前贈与を中心に、遺言や生命保険の活用なども含めて、ご相談者の方のご希望に合わせ、信頼できる税理士やFPなどの専門家とも協力しながら対応いたします。


相続相談はお気軽にお問い合わせください