遺言書とは?

遺言書は、死後に残された人々のため、自分の財産を「誰に どのように どれだけ」託すかあらかじめ民法の規定に従って書いておく書面です。遺言書は法的効果のあるもので、法定相続(法律で決められた割合での相続)に優先します。

遺言書でできること

遺言書では以下のようなことを記し、ご自身の意思を反映すことができます。

  • 誰に財産を遺すか決められる(法定相続人以外でもOK
  • 何をどのくらいの割合で分配するか決められる
  • 手続を誰にお願いするか決められる

例えば、ご家族に先立たれてお一人の方や、事情により親族と交流もなく疎遠である場合も少なくありません。このような時には、法定相続人以外のお世話になった方や団体を相続人として指定することができます。
また、通常通り法定相続人に遺産を分配する際も、物や割合を具体的に指定することができます。
お手続や分配の方法について、ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

遺言書の種類

一般的な遺言書(普通方式)の形式には以下の3種類があります。

【自筆証書遺言】

概要 民法で定められている遺言の方式で一番手軽な方式です。
特徴 遺言者が自分で字を書け、印鑑を所持しており、印を押す機会があれば、いつでも自由に作成できます。ただし専門家による要項のチェックが行われないため、記載内容の不備により効力がなくなるリスクもあります。
要項 以下の要項を充たした「自署」の「書面」であること。

  1. 遺言書の作成年月日
  2. 遺言者の氏名
  3. 遺言の内容
  4. 自身の印鑑が押印されたもの

【公正証書遺言】

概要 遺言者が公証人に遺言内容を伝え、公証人が遺言書を作成・保管する方式です。
特徴 原本が公証役場で保管されるため、紛失しても再発行が可能です。また法律実務経験豊かな公証人が作成するため効力の確実性という点で自筆証書遺言に比べ優れています。
要項 証人が二人必要です。

【秘密証書遺言】

概要 遺言者が作成した遺言を「封印」した上、公証人に提示して所定の手続をしてもらう形式です。
特徴 公証人にも遺言内容は見られませんので文字通り秘匿性の高い遺言書ですが、同時に専門家による要項のチェックも行われないため、記載内容の不備により効力がなくなるリスクもあります。

遺言書をつくるときに気をつけること

遺言書は、民法に定められた要件の通り、正しく作成しなければ効力を発揮できません。
また、分配の割合や相続人、手続を執り行ってくれる人を熟慮しておかないと、後々のトラブルの原因にもなります。

  • 全ての資産の量や状態を把握できているか?
  • 相続人が特定できているか?
  • 信頼できる遺言執行者がいるか?

『お世話になった方や、大切なご家族に確実に遺産を遺したい。』
『トラブルやわだかまりを残すことなく遺産を相続したい。』

そんな願いを確実に実現するためには、しっかりとした知識と準備が必要となってきます。
専門家である私達がお手伝いさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

相続手続パートナーさいたまにご依頼いただくメリット

どんな遺産でもワンストップ!

大切な方に遺したいものは人によって様々です。確実に遺産を遺すには、それぞれの分野の専門家に相談しなければならないことも…。私たち相続パートナーでは、司法書士、行政書士は元より、税理士や弁護士なども連携しておりますので、様々な問題に窓口一つで手続可能です。

遺言書作成だけではありません!

遺言書の作成の他、相続に関するあらゆるご相談を承っております。生前贈与や遺産分割など、ご相談のうちに内容が多岐にわたってしまうケースでも、ご安心ください。
相続手続パートナーさいたまの取扱業務はこちら