相続とは?

「相続」が発生したらどんな事をするの?

相続が発生した場合、被相続人(お亡くなりになった方)の財産を、相続人(被相続人の配偶者や子供など)に引き継ぐ手続きが必要になります。

そのためには、

「財産を確認する」

「相続人を確定する」

「相続人間で分け方を話し合い、名義変更等の手続きを行う」

「相続税を支払う(払う必要がある場合)」

ということを行っていきます。

ただ、多くの方予め準備をしていないので、相続人を探すのに手間取ったり、財産の分け方で揉めてしまい、家族間の亀裂を生みだすなどの問題が発生することもあります。

「亡くなった時のことを心配するなんて縁起が悪い」と思い、何も準備をしておかないことよりも、予めの準備・心構えもをしておくことが実は重要だったりします。

相続について事前に考えておくことが大切です

相続は人の死をきっかけに始まるため、

縁起が悪いから事前に考えておくのは良くない」と思ったり、

「手続きが面倒で良くわからないと言って躊躇したり、

財産なんてたいしてないから大丈夫と言って、

考える事をやめてしまう方いらっしゃいます。

特に問題ないことも多いのですが、中には遺産の受取り方などでめたり、協議がどうしても纏まらない場合は裁判まで発展する可能性もあります。

これによって家族関係が崩壊したり、相続をきっかけに生き方まで変わってしまう可能性も否定できません。

相続を考えることは家族関係をより良い方向に変えていくことに繋がる

相続について考えることは、人生において大切なパートナー、子供・両親との関係を改めて見直す良いきっかけになります。

ご両親の自宅に、相続が発生したあとも引き続き住んでいきたいのか、売却を考えているのか等も含めて、ご家族とも話し合い、いざ相続が発生した時も慌てないようにしたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

死亡後に、ご自身の資産を誰に受け継いでもらい、どのように利用してもらいたいか。

「元気なうちに、その気持ちを家族に伝えておく」「遺言書を作成しておく」などの方法もあります。

いずれにしても、誰かの相続手続きだけでなく、ご自身の相続について一度考えてみることで、今後のより良い人生、家族とのあり方を見つめ直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

「相続に関してご相談したい!」「アドバイスが欲しい!」という方は、「相続手続サポートさいたま」までお気軽にお問い合わせいただければと思います。

相続手続に関するお問い合わせは「こちら」から。

相続相談はお気軽にお問い合わせください